窓にも注目した一戸建て住宅に注目です。

Navigation

最近建てられた一戸建ては

窓にも注目した一戸建て住宅に注目です。 一戸建てを建てる際に考えるのは、予算や間取りがメインで、街の景観や利便性もよく確認して行動しなければいけません。しかし、最近ではそう言ったことだけでなく災害が発生した時のことも頭に入れて、どう言った場所に建てるかを考える必要が出てきています。災害の中でも特に注意をしたいのが地震です。最近建てられたマンションや一戸建ては、大きな地震が来てもよっぽどのことがない限り、倒壊することはありません。しかし、建物が倒壊しないと言っても安心と言うわけではないのです。地震による被害の中には火災があります。揺れに強い家も火には弱いものです。

ですから、周囲の家が古い木造の家ばかりだった場合、火災が発生すれば燃えやすく、火も移りやすいわけです。自分の家が新しく地震の揺れで倒壊はしなかったが、火災の被害に遭ったと言う人は結構います。できる限り、一戸建てを建てる場所は周囲に古い木造の家が無いような場所にしましょう。また、道幅も重要になってきます。狭い道幅のところに建てると、地震で家が倒壊したら道をふさいでしまい消火活動が困難になってしまいます。最低でも6メートル位の幅は欲しいところです。できれば、10メートル以上です。

お役立ち情報

Copyright (C)2022窓にも注目した一戸建て住宅に注目です。.All rights reserved.